FUJIMURA NEWS

タイムリーな藤村女子をお届けするニュースブログ

児童文化部 児童館でサマーデイキャンプのお手伝い

7月29日(土)、杉並区にある宮前北児童館のサマーデイキャンプにボラン ティアとして参加しました。 小学1、2年生の元気な子供達と一緒に、カレー・フルーツゼリー作り、水鉄砲 ゲーム、大宮前公園での放水訓練やスイカ割りをしました。 おいしいカレーになるように、心を込め て一緒に野菜を切りました! こちらの児童館には1ヶ月に1回ほど伺って、子供達と一緒に遊ぶ活動をして います。 部員達も子供達も、お互いの名前を覚えるところからスタートし、様々な活動を通し て徐々に仲良くなり、最後には元気な笑い声であふれていました。 児童館の職員の方々、一緒に活動してくださった保護者の方々、誠にありがと うございました。

中学生夏休み、バレー部体験会8月3日・23日開催!!

こんにちは。 関東も例年より早く梅雨が明けましたね。 今年は雨が少ない年でしたし、これからの夏も暑くなるようですので、バレーボール選手の皆さんは熱中症に気を付けて練習に励んでほしいと思います。 私たち藤村バレーボール部はというと、本日7月19日が高校3年生最後の校内練習でした。 明日からの関東私学大会、関東体育科コース大会で引退します。 3年間の集大成として楽しく試合に臨んで欲しいと願っています。 さて、今年の夏休みも中学生対象の藤村バレー部体験会を開催することとなりました。 今年度は週末が大会や合宿とかぶってしまい、平日の開催になることをお詫び申し上げます。 第一回 : 8月 3日(木) 13:15~17:30  第二回 : 8月23日(水) 13:15~17:30 の二回開催となります。 参加に際しては下記のメールにてお申し込みください。 沢山の参加をお待ちしています。友達と一緒に参加しても構いません!! 選手一同心より参加をお待ちしております!! では明日より大会頑張って参りますので応援宜しくお願い致します。 <参加申し込みメールアドレス> nasuda3131@yahoo.co.jp バレーボール部顧問 三井良介

1学期終業式

本日、1学期の終業式が行われました。 夏休みの中で、生徒たちはキャンパスツアーへの参加、八ヶ岳での勉強合宿や夏期講習への参加など、学習に真摯に取り組んでいきます。 一方で、夏休みに大きな大会を迎える部活もたくさんあります。 本日、終業式と同時に行われた壮行会では、囲碁部、ソフトボール部、バレーボール部、器械体操部、競泳部、水球部の生徒たちが各々の大会への意気込みを語りました。 また、1学期に英語検定で合格した生徒に対する表彰が行われました。 今回の表彰を励みとして、受験者や合格者が増えていってほしいと願っています。 最後に、これまでお世話になったエマ先生、マーリン先生とのお別れ会も実施されました。 2学期からは新しい先生方をお迎えします。 充実した夏休みを過ごすことで、成長した生徒たちに会えることを楽しみにしています。

連雀コミセン「七夕まつり」

7月9日(日)三鷹にある連雀コミュニティ・センターで行われた「七夕まつり」で、ハンドベル演奏を披露しました。 緊張しながらも、日頃の練習の成果をあらわすことができました。 最後には、温かな拍手やアンコールも頂き、部員たちの励みとなりました。 このような機会を作ってくださったセンターの方々、暑い中、来場してくださったお客様、誠にありがとうございました。 会場に飾られた笹に、部員も願いごとをつるさせて頂きました。どうぞ叶いますように…☆

キャリア教育講演会「自らの人生の選び方 平和構築という職業を通じて」

7月11日(火)、日本紛争予防センター理事長の瀬谷ルミ子さんをお招きし、平和を構築していく具体的な活動や進路選択について伺いました。 女性だからこそ、被害者の女性や子供の心の傷を癒やすことができるなど、女性が紛争地域で活躍する様子を知り、生徒達にとって新しい発見の時間となりました。 瀬谷さんは、自分の道を切り開く要素として「選択肢」と「行動」を挙げ、 「日本では努力すれば自分の人生を自分で選ぶことができます。ただ、選択肢には使用期限があるので、後回しにせずに今から行動をすることが大切です」 とおっしゃっていました。 現地の写真も交えた具体的で分かりやすいお話に、生徒達は熱心に聴き入り、質問も積極的にしていました。 世界中の紛争地域で平和を作り出している瀬谷さんの活動や考え方を伺うことができ、紛争や難民問題をより身近に捉え、進路を幅広く考える貴重な機会となりました。

高1/スポーツ科学コース・スポーツ科学特進コース 八ヶ岳キャンプ実習 5日目

昨晩の雨が嘘のように、まぶしいほどの晴天です。 4日間を過ごしたテントの撤収、食事作りに使用した道具の返脚、かまどや施設の清掃についての説明を受けます。 毎日約90人分の食材準備や食事のサポートをしてくださった樋口さんにも、感謝の気持ちでいっぱいです。 設営には約3時間かかったテントも、あっという間に片付き、何もなく広いグラウンドになりました。 寂しい気持ちが高まってくる瞬間でもあります。 全員の寝袋や食事の器具も、皆で協力しながら作業を進め太陽の光でしっかり乾かしました。 すのこもたくさん運びましたね! 全ての片付けを終え、食堂での昼食後に閉講式を行いました。 夕食コンテストの表彰も行われました。豪華賞品はスタッフの皆さん達のサイン入り写真!優勝班は大喜び。ケバブとっても美味しかったです。 続いてスタッフ1人1人の言葉。涙を流す姿も多く見られ、この5日間が充実していたことがよく表れた素敵な会となりましたね。 私たちのために、たくさんの事前準備と毎日遅くまでの作業をしながら支えてくださったスタッフの皆さん。 常に皆のことを考え、サポートしてくださいました。 私達担任団から見ても班やクラスの絆は間違いなく強まり、仲間を想い支え合う強さを身につけた生徒達はとてもたくましく成長したと感じます。 学校では見ることのない面がたくさん発見でき、疲れを感じさせないキラキラした表情やバイタリティーはこれから先の学校生活にも生かすことのできる財産になったことと思います。 スタッフの皆さん、5日間本当にどうもありがとうごさいました! ~生徒の感想より(一部抜粋)~ キャンプ実習を終えて一番感じてい

高1/スポーツ科学コース・スポーツ科学特進コース 八ヶ岳キャンプ実習 4日目

実習中は起床後に「朝の集い」がありスタッフが交代で目覚まし体操を行ってくれるのですが、今朝はなんと生徒達の希望で中川先生の指示のもと徒手体操を行いました。 これはここ数年では無かったことらしく、何年も連続で藤村のキャンプに参加しているスタッフの方も歓声を上げて喜んでいました。生徒達は得意げな表情です(笑) この日の朝ごはんは、鉄板で焼き上げたパンケーキです。 ジャムやマーマレードがたっぷりで、久しぶりの甘い食事に笑顔があふれていました。 午後は、自然の枝や木材を使ったクラフトです。 焼き板から作るプレート、枝や木のビーズを使ったキーホルダーやブレスレット、白樺の木を自分で切り出すネームタグの3つから1つを選択し、スタッフに指導を受けながらオリジナルの作品を完成させます。 今年も個性あふれる素敵な作品が出来上がりました!世界に1つの思い出の品です。 お昼ごはんは、グラウンドでセルフ式の冷たいうどんでした。 とても天気が良く気温も高かったので、氷で冷えたツルツルのうどんはあっという間に売り切れてしまいました。 夜は、今日のメインイベントであるキャンプファイヤーです。各班のつどい係が井げたやトーチの準備・会の進行などを工夫して準備を進めてくれました。 出し物は、「キャンプ実習」をテーマにした各班でのスタンツ(即興劇)です。先生達やスタッフの皆さんも時間の合間を見つけて密かに練習を重ねていたのです。 楽しんでもらえましたか? 井げたに火を灯した直後にポツポツと降り出した雨は中盤に向けて本降りになり、急遽テントに戻ってカッパを着て再集合という貴重な経験となったキャンプファイヤー。 びしょ

高2/S特・特進・進学・総合コース オーストラリア修学旅行4日目

早いもので、今日がいよいよオーストラリア滞在最終日です。 今日は早起きしてシドニー市内観光をしました。 ミセスマッコリーポイントに座ると良い縁に恵まれると言われており、生徒たちも喜んで座っていました。 聖メアリー大聖堂は、オーストラリアでは珍しいローマ・カトリック教会です。 中に入れないこともあるそうですが、幸運にも中を見学することができました。 特にステンドグラスは大迫力で、みんな終始感動している様子でした。 そして、シドニーと言えばオペラハウス! 世界遺産でもあるオペラハウスを訪れました。 心ゆくまで記念撮影をしたあと、各班別に自由時間です。 班ごとに事前に決めたルートで、市内観光に出かけました。 地図を見ながら英語を使い、自力で各班ホテルに再集合します。 我々教員も、生徒たちがひと回りもふた回りも成長して帰ってくることを楽しみに待っています!

高2/スポーツ科学コース 沖縄スクーバダイビング実習 4日目

7月6日、今日はダイビング海洋実習の最終日です!! ラストダイブという事でどの班も気合十分といった感じでした。 耳抜きが上手くできなかったり、水中浮力を上手くコントロール出来なかった子達も、みんな上手になったとインストラクターの方々に褒めていただいていました。 今日は最大18mまで潜った班もあって、昨日までの倍の深さにチャレンジしていました。 ども班ももっと潜りたい、まだ帰りたくないと話していて、すっかりダイビングの魅力に取り憑かれてしまったようです。 実習の合間には「むら咲むら」という施設へ行き、沖縄の伝統舞踊エイサーを体験してきました。 エイサーの踊り動作の1つ1つに意味があって、とても有意義な時間を過ごせました。 夕食後には認定式が行われ、無事に全員がライセンスを取得することが出来ました! これでどの海にもライセンスを持って潜りに行くことが出来ます。 実習最大の目標を無事に達成することができて教員もインストラクターの皆さんもホッとしています。 明日はいよいよ最終日ですが、無事に全員が帰国できるよう、最後まで気を引き締めていきたいと思います。

高2/S特・特進・進学・総合コース オーストラリア修学旅行3日目

あっという間にファームステイプログラムが終了し、ファームの家族とお別れをする際には、みんな涙ぐむ光景が見られました。 短い時間の中でもとても良い関係が築けたようで良かったです。 さて、そのあとはマッコリー大学に来ました。 大学に着くと、たくさんの大学生が出迎えてくれ、各班でキャンパスツアーに出発しました。 その後はスポーツ交流として、大学生と一緒にバスケとスカッシュをしました。 これから大学を出て、市内観光をしながら今夜泊まるホテルに向かいます。 残り2日間、楽しみます!

高2/スポーツ科学コース 沖縄スクーバダイビング実習 3日目

7月5日、今日からいよいよボートダイビング実習です。 不慣れなボートに船酔いする生徒も若干いましたが、ダイビングが始まってしまうと、その事さえすっかり忘れてしまうほどの綺麗な海の中。 やはりビーチエントリーで体験することのできない綺麗な世界に終始感動していました。 午前班・午後班どちらも2本ずつダイビングを行なって、楽しむだけでなくレスキューの仕方や緊急浮上、コンパスの使い方などライセンス取得の実習もしっかりこなしていました。 実習ではない時間には、沖縄戦争経験者の方に講話をいただき、どんな戦争だったのか、平和とは何かをしっかりと胸に刻んでいる様子でした。 ダイビングだけではなく、様々な経験を通して成長していってほしいなと思っています。

高2/スポーツ科学コース 沖縄スクーバダイビング実習 2日目

今日からいよいよ講習のスタートです!! 昨日までの台風が嘘かのように快晴で生徒達も大喜び! 今日はバスでレッドビーチに向かい、スキンダイビングとビーチエントリーのスクーバダイビングを一本ずつ行いました。 生徒達は学校プール講習で習った知識を十分に発揮してスムーズに用意していきます。 そしてダイブ本番! プールには無かった波に戸惑いながらも、綺麗な海の中の世界に興奮しきり。 午前班も午後班も素晴らしいダイビングになりました! 明日からはいよいよボートダイビングです! 今日の倍以上の深さへダイブしていきます!

高1/スポーツ科学コース・スポーツ科学特進コース 八ヶ岳キャンプ実習 3日目

心配された台風でしたが、昨晩は大きな影響もなく夜を過ごすことができました。 今朝は5時半に起床し、西岳登山の用意をします。 早い班は7時30分ごろに出発です。 今年は2種類のルートを選択し、登山をします。頼りになるのは地図とコンパスのみです。 迷いやすい分岐点にはカウンセラーが待機をし、各班の通過時間を記入していきます。 万が一遭難等があった場合、そのチェックポイントを通過しているかどうかで、大まかな場所の特定をするシステムです。 幸い大きく道を外れるグループはなく、11時頃には山頂に到着し始めました。 あいにくの曇り空でしたが、時折見せる山頂からの景色は格別でした。 また生徒たちはこの登山を通して、人間関係を含め、多くのことを学びとって帰ってきます。 下山後の顔は非常に疲れた顔をしていますが、その後の仕事含め、行動が早くなっていくように思います。 「当たり前のようにお風呂があり、ご飯がある生活って幸せですね。今回の経験をきっかけに、親に毎日の感謝の気持ちを伝えたい。」 これはある生徒がいっていた言葉です。 非日常のキャンプ実習から、自分や仲間だけでなく、今ある環境にも何かを感じるようになってきたようです。 今夜は調理をせず、夕食後もかなり時間に余裕をもたせています。 しっかり休んで4日目に備えてください。

高2/S特・特進・進学・総合コース オーストラリア修学旅行2日目

高校2年オーストラリア修学旅行は、ファームステイ2日目となりました。 各家庭訪問をすると、それぞれ牛にえさをやったり、お菓子を作ったり、教会に行ったりと充実した時間を過ごしているようでした。 ファームはどこも広く、日本とは違うインテリアやお庭の様子に子供たちもここに住みたい!というくらい気に入っている様子です。 ファームステイは明日の朝までですが、それぞれが楽しい時間を過ごせるといいですね。

高2/S特・特進・進学・総合コース オーストラリア修学旅行1日目

こんにちは。 7月3日、高校2年S特、特進、進学、総合の4コース80名で、オーストラリア修学旅行に出発いたしました。 初めての飛行機体験だった生徒も多かったようで、みんなしきりに興奮していましたが、遅刻や大きなトラブルもなく、無事に出国手続きも済みました。 今朝、現地時間10:30にはクラスごとに分かれてバスに乗り、フェザーデール・ワイルドライフにてオーストラリアの動物を間近に見ることができました。 こちらはお天気にも恵まれ、大変過ごしやすいです。 今年は、コアラやタスマニアンデビルなどの夜行性の動物がとても活発に動いており、こんなにラッキーな年はなかなかないとのことで、早速幸運に恵まれているようです。 これから各家庭に分かれてファームステイです。 これからオーストラリアでしかできない体験をたくさんしたいと思います!

高1/スポーツ科学コース・スポーツ科学特進コース 八ヶ岳キャンプ実習 2日目

昨日は夜中にかけて何度か強い雨がありましたが、生徒たちはよく寝ることができたようです。 6時起床。 あいにく小雨でのスタートでしたが、予定通り班で協力して行う「仲間づくり野外ゲーム」のために朝食後近くの沢まで出かけました。 そのため朝食と共に昼食もまとめて自炊をします。 薪割りから火起こしまで、昨日経験した分非常に手際が良くなってきたようです。 実習中は朝になると掲示板に1日の流れが掲示され、生徒たちはそれを見て行動をします。 9時頃から用意のできた班は立場川に向かいます。 自然を使ったゲームに挑戦し、各班協力しながらクリアしていきます。 昨晩からの雨で川の水は非常に冷たかったのですが、生徒達は皆、キャーキャーと声を上げながら楽しそうに取り組んでいました。 各担任も大いに楽しんだようです! 出発から約4時間かけてキャンプ場に戻ると待ちに待ったお風呂の時間です。 冷えた体を温め、心も体もリセットできました。 写真は沢遊びの光景です! お風呂の後少し休憩が入り、15時30分ごろから、登山の説明を受けました。 今年も各班コンパスと地図を持ち、2400メートル級の山に自分達だけの力で登るキャンプ実習最大のイベントです。 ルート、登山時の装備等入念に説明した後、生徒たちは2つのルートから選択をし、明日に備えます。 実は完全な自力ではなく、その裏では、スタッフや教員のサポートがあるのですが、それは生徒には秘密です。 説明が終わると料理コンテストに向け、各班準備に取りかかりました。 優勝した班には豪華な?嬉しい?商品が毎年贈られます。 各班魚、豚バラ、鶏モモの中から1つを選び意地とプライドと

高2/スポーツ科学コース 沖縄スクーバダイビング実習 1日目

心配されていた台風も過ぎ去り、沖縄には若干晴れ間も見え始めて来た頃に、我々高校2年スポーツ科学コースの生徒達は到着しました。 本日は明日からの実習に備え、それぞれがプールやホテルのプライベートビーチでのんびり! 明日からがダイビング実習の本番です!! みんなで無事にライセンスを取得したいです!!

高1/スポーツ科学コース・スポーツ科学特進コース 八ヶ岳キャンプ実習 1日目

最高の天気とは行きませんが、キャンプ実習1日目のスタートしました。 開校式が始まり、ルールや、各係の役割を確認した後、早速5日間を過ごすテントを建てます。 このように何もない場所から約2時間半かけてテントを建てます。 こちらは1時間半ほど経過した時の写真です。 皆が協力し、一生懸命作業に励みました。 次は食事場所の作成です。テーブルも杭を打ち込み作成します。 4時半頃完成し、その後食事の準備の説明がありました。 今日は飯盒を使い、ご飯を炊きます。 ご飯を炊くための火起こしや薪割りももちろん自分たちで行います。 安全に作業できるようしっかり説明を受け、いざ薪割りスタートです。 最初は慎重になりすぎな気もしましたが、慣れて来ると手際よく行えるようになりました。 薪割り後は火起こしです。 苦労したグループもありましたが、全グループ火起こし成功です! 美味しいご飯が出来上がりました。 食事を済ませ、夜の集いです。 これで本日のプログラムは終了です。 明日は雨が心配ですが、キャンプの醍醐味であるプログラムが満載の1日になります。 みなさんしっかり寝てください!

Latest Article
Category

学校法人 井之頭学園

藤村女子中学・高等学校
〒180-8505 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-16-3

TEL:0422-22-1266
FAX:0422-22-7680

© 2014 Fujimura Girls' Junior and Senior High School. All Rights Reserved.