FUJIMURA NEWS

タイムリーな藤村女子をお届けするニュースブログ

第1期生 無事帰国

3月29日、全ての行程を終了して、参加生徒11名とも元気に日本に帰ってきました。 生徒達は、それぞれ現地の高校で良い時間を過ごしてきたようです。 コロナウイルス感染拡大の影響もあり、予定より早く現地校への通学は終了してしまい、ホストファミリーや現地校の友人との急な別れを惜しむ生徒が多く見られました。 ここで参加生徒の感想として、上澤さんの文章を紹介します。 私は3ヶ月間のニュージーランドでの生活で多くのことを学びました。日本との生活習慣の違い、教育の違い、暮らしている人々の姿など多くの学びがありました。驚愕し、羨み、新たな日本の良さを発見し、また日本の改善点を見つけとても身になる3ヶ月間でした。 コロナウイルスの影響により最後の3日間はホテルでの生活となり大変残念でした。ホストファミリーとの別れがとても哀しかったです。これらの経験を今後の人生に役立てていきます。 留学に行くにあたって協力してくださった先生方、両親、友人、社会の制度などに感謝を述べたいと思います。ありがとうございました。 現在学校も休校中ですが、再開後には全員から感想や研究成果を発表してもらい、第2期生へバトンを繋いでもらいたいと思います。

2019年度修了式

3月23日(月)、2019年度の修了式を迎えました。 生徒は約3週間ぶりの登校となりました。 例年と同様の式典は行わず、各教室にて担任による終了式となりました。 校長先生より紙面で「しっかりと前を向いて、来年度に向かってスタートを切って欲しい。明るい未来を信じて、前に向かって進む気持ちが必要である。」との言葉がありました。 また、昨年2学期より本校に来ていたオーストラリアからの留学生のターリアさんが、オーストラリア政府の要請により予定よりも早く帰国することとなりました。 クラスメイトと突然の別れとなりましたが、素敵なお別れになったようです。 母国に帰っても特別名誉同窓生として藤村の一員です。また会える日を楽しみにしています。 新年度は5月から始まります。 4月は休校で、自宅学習となります。 早く通常の学校生活を戻れることを願っています。

シンクロナイズドスケーティング全日本選手権 優勝

高校1年(当時)の大森彩美さんが、2月に行われました第26回全日本シンクロナイズドスケーティング選手権大会ジュニアの部におきまして、優勝を果たしました。 大森さんは、外部チーム「神宮Ice Messengers Junior」に所属しており、シンクロナイズドスケーティングをおこなっています。 この結果、日本代表に選出され、3月13日からイギリス・ノッティンガムで開催されるISU世界シンクロナイズドスケーティングジュニア選手権大会2020に出場予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により日本選手団の派遣が中止となりました。 今後も応援宜しくお願い致します。 大森さんからのコメント 今年は全日本出場と世界選手権出場を目標に決意して取り組みました。大会を迎えるまで早朝、深夜の練習の辛さ、チームの中での色々な葛藤もありましたが、望んでいた日本代表になれたときはとても嬉しかったです。 日本の代表となってからは、代表としてふさわしい行動や言動、健康管理等、選手として技術のみでないものも学び、代表選手としての大変さやチームの一員としての責任をあらためて感じました。 団体競技の難しさ辛さも多い競技ですが、そんな時に同じチームメイトみんなで声を掛け合ったりして乗り越えられる喜びと仲間の大切さを実感しました。 また、支援して下さった方々をはじめ沢山の方々に感謝の気持ちを忘れないようにしたいです。

Latest Article
Category

学校法人 井之頭学園

藤村女子中学・高等学校
〒180-8505 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-16-3

TEL:0422-22-1266
FAX:0422-22-7680

© 2014 Fujimura Girls' Junior and Senior High School. All Rights Reserved.