高2 スポ特・スポ科コース 沖縄スクーバダイビング実習 5日目


最終日は朝から、まぶしいほどの晴天です。

沖縄らしからぬ天気が続き、一度だけでも青い空・青い海を見せてあげたいという願いもやっと叶いました!



今日はタイトなスケジュールだったので、荷物のパッキングが終わり、余裕のある生徒達はビーチでの記念撮影も楽しんでいました。

退館式では、4泊5日おいしいお料理と素敵な施設で私たちを応援してくださったホテルの方にお礼の挨拶をし、次の目的地に出発です。



この実習最後のプログラムは、ひめゆり平和祈念資料館での学習。

沖縄に米軍が上陸してから222名の女子生徒と18名の教師が陸軍病院に配属され、仮眠する時間もなく負傷した方々の看護やお世話に当たったそうです。

約3カ月の戦いが激しさを増す最中の解散命令。

攻撃や自決を含めて多くの命が失われました。

沖縄や沖縄戦の歴史、遺品、遺影、証言などを真剣に1時間半しっかりと学びました。

私も同じ世代の女子生徒を教えている立場として、とても辛く様々な思いで胸が苦しかったです。

今回の学びをきちんと事後学習でまとめ、文化祭などでより多くの方に伝えていきたいと強く感じました。




昼食後、空港に着くものの1時間遅れのフライトとなり、羽田空港には予定の約1時間半後の到着となりました。



初日同様に、かなりの揺れがありましたが、悲鳴をこらえながら一生懸命耐えている生徒たちの姿がとてもかわいかったです(笑) こうして予定していた実習も全て終え、サプライズのお楽しみも体験できたスクーバ実習が終わりました。

大きなけがや病気もなく、全員がライセンスを取得できたこと、帰りたくない・もっと沖縄にいたいとの声を聞くことができたのは、たくさんの方々のおかげです。

例年にない悪条件の海で、技術指導はもちろんのこと体調やメンタル面でも細やかな配慮をしてくださったインストラクターの先生方、ホテルや資料館の皆さん、そして急な予定変更で生徒たちの笑顔を取り戻してくださり、最後までお世話になった東武トップツアーズの滝澤さん・松浦さん本当にどうもありがとうございました!


学校法人 井之頭学園

藤村女子中学・高等学校
〒180-8505 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-16-3

TEL:0422-22-1266
FAX:0422-22-7680

© 2014 Fujimura Girls' Junior and Senior High School. All Rights Reserved.