FUJIMURA NEWS

タイムリーな藤村女子をお届けするニュースブログ

キャリア教育講演会

11月18日、作家の瀧羽麻子先生をお迎えしてのキャリア教育講演会が行われました。


普段自分たちが読んでいる小説がどのような行程を経て読者のもとに届くのかなど、貴重なお話をたくさん聞くことができました。

瀧羽先生は小説を書かれるとき、まず舞台設定から入られるそうです。国や地域、場所があって、そこに登場人物が入ってくる。

そしてストーリーが生まれるのだそうです。そのような書き方もあるんだと生徒たち「なるほど!」と感心した表情をしていました。

書き始めてから書籍になるまでに一番時間を要した作品は、なんと10年以上!今の中学生が生まれた年から手掛けていた作品だそうです。

その作品は特に、完成した本を手にしたとき嬉しかったとおっしゃっていました。

先生のお話を聞いた後、普段あまり本を読んでいなかったという生徒も、先生の本を図書館で手に取り「読んでみようかな。」と借りていく姿が見られました。

これを機に、「自分の好きな1冊」が見つけられるといいですね。


Latest Article