FUJIMURA NEWS

タイムリーな藤村女子をお届けするニュースブログ

主権者教育

先日、LHRの時間を活用し、高校1・2年生対象の主権者教育が実施されました。

18歳から投票が出来るようになり、生徒達もより身近に選挙や政治を感じるようになりました。

知っているようで知らない選挙のしくみや、投票に行くことの大切さをまず講義で学びました。

その後、今年度は教員3名が市長選立候補者として登壇。


実際にポスターや政策の要点をまとめた紙も投票箱と一緒に設置しました。

生徒は3名の教員の模擬公開討論を聞き、それぞれが良いと思った人に投票をしました。

終了後に生徒が記入したワークシートを読みましたが、しっかりと各立候補者の魅力をメモするだけではなく、

政策のメリット・デメリットや自分が感じたことまで文字に残し、よく考えたうえで投票したことが伺えました。

今回は練習でしたが、18歳になれば本番がやってきます。

学んだことを活かし、自分の1票の重さをかみしめながら、投票デビューをして欲しいと思います。

Latest Article